本文へスキップ

F l o w e r D i v a
  カウンセリングサロン

 

フラワーエッセンスFlower Esensseces


               

1900年代初期に、英国のエドワード・バッチ博士が、お花の持つエネルギーが人の感情面、メンタル面、そしてスピリチュアルな気質に働きかけることを 発見し、バッチフラワーレメディとして39種類のフラワーエッセンスを確立しました。

             

     今では、さまざまな疾病がストレスによるものから発症すると考えらており、科学的な治療方法だけでなく、自然療法や心のケアが必要とされており、英国ではフラワーエッセンスが薬局に置かれていたり、メンタルヘルスケアとして日常に取り入れられ普及しています。

   そして、バッチ博士の自然界と人類に対する献身な愛は、世界中に広まり様々な国や土地で、新たな種類のフラワーエッセンスが生み出されています。

      お花の愛と癒しのエネルギーを水に転写したもので、花の香りや蜜などの物理的な成分は一切ありません。

             

       朝起きたとき、夜寝る前、その人の状態により一日に摂取する回数は異なりますが、目安としては一日四回4滴を舌下に垂らすか、水などに混ぜて飲用します。

      それぞれのお花が持つ生命力と癒しの特性が、その人それぞれのハートに癒しをもたらします。

 心の傷を癒したり、精神面での成長を助けたり、スピリチュアルな目覚め、 才能の開花などを促すのが、フラワーエッセンスです。


   

悲しい出来事があったとき

過去の辛い経験に思い悩まされていたり、親から傷つけられたり
トラウマや幻想などそこから脱却できずに苦しんでいるとき

自分に自信がなくなっているとき

自分では傷ついていないフリをしたり、顕在意識では無理やりに封じ込めていても潜在意識が悲鳴をあげ、混沌としているような状態など

目標に向かって、精神力を研ぎ澄ませ 才能を開花させたいとき

理論的に良い方法は分かっていても自分の思い通りにならない情動や思考癖

芸術的才能やクリエイティブな能力を引き出したいとき

お仕事に新たな展開や良いヒントが欲しいとき

負のスパイラルに巻き込まているとき

 
職場や家庭内など様々な人間関係において悩みの種があるとき

物質的な社会情勢に押し付けられマスコミに操作され洗脳され

「○○のような生活が幸せの形」というイメージや商業ベースに誰もが惑わされて、

○○でなければいけないなどと煽られた過度のプレッシャーに悩まされているとき

新しい生活や環境が変わったことに対するストレス

燃え尽き症候群や、ミッドライフクライシス

親からの精神的な呪縛から解放されたいとき

求めていたものが幻想だったと気付いたときや、夢に敗れたようなとき

新しい何かが欲しい転換期のとき

周りの人々に気を使い過ぎて
心が疲れてしまっているとき


ある日とつぜん不測の事態で生活環境の変更を余儀なくされたり

運勢が悪くて どうにもならない時など


様々なケースにおいてフラワーエッセンスが助けとなるでしょう

 info.サロン情報

 フラワー       ディーバ
Flower Diva 




〒104-0054
東京都中央区勝どき2−8−12 
       
東京ビュック中銀317号室

完全予約制 11:00〜20:00

       月曜定休 不定休
      出社前の朝早くや残業で遅い時間を
      ご希望の場合はご相談ください
      対応できる日があります。


TEL. 090-2632-8742
※セッション中は、お電話に出られません。
その場合はSMSもしくはメールにてお願いします。

→アクセス